読書記録4 ジャパニーズ・ポップカルチャーのマーケティング戦略

こんにちは。

 

今回は『ジャパニーズ・ポップカルチャーマーケティング戦略;世界を制した日本のアニメ・マンガ・コスプレの強さの秘密』を紹介します。

 

まず、各章のタイトルを引用いたします。

 

序章 なぜ今「ジャパニーズ・ポップカルチャー(JPC)」に注目するのか [川又 啓子]
第1章 日本マンガ・アニメの創造戦略 -鉄腕アトムから、「鬼滅の刃」まで- [三浦 俊彦]
第2章 参加型創作文化の形成と発展 [石川ルジラット]
第3章 キャラクターへ共感するコスプレーヤー [黒岩 健一郎]
第4章 JPCの世界での展開 -JPCEの発展プロセス― [田嶋 規雄]
第5章 メガマーケティングによるJPCの正当化戦略 ―JPCEを活用したイベント・マーケティングへの示唆― [川又 啓子]
第6章 英独仏の潜在的旅行者によるジャパニーズ・ポップ・カルチャーに対する情報探索行動 [中川 正悦郎]
第7章 JPCを活用したインバウンド戦略 ―『ラブライブ! サンシャイン!!』を事例としてー [田嶋 規雄]
第8章 マンガ・アニメの消費者行動 -コンサマトリーで、優劣の客観的判断基準がない製品の消費者行動分析― [三浦 俊彦]
第9章 日本人の美意識とJPC -美意識、美術・芸術感、社会意識が生み出したJPC― [三浦 俊彦]
第10章 JPCマーケティングの体系 -戦略の特徴とその革新性― [三浦 俊彦]
終章 JPCはいかにマーケティングを革新するのか [田嶋 規雄]

 

サブカル好きには興味をそそられる内容じゃないですか?笑

 

 

どの章も面白かったのですが、私からは2つだけ紹介します。

 

第2章と第7章です。

 

 

まず、第2章について、章の内容自体も研究や調査に基づいた学術的なもので勉強になったのですが、私が紹介したいのは、最後のコラムのページです。

 

この章の著者の石川ルジラットさんは青山学院大学総合文化政策学部の教授であるのですが、なんとコラムでは自身が腐女子であると気付いた経験を述べていました!

 

なんというか、大学の教授で腐女子というのがとても意外に思えて、大学教授に対しての堅そうねイメージが変わりました。

 

この方の講義が受けてみたいものですねー。

 

 

さて、次に、第7章についてですが、この章を選んだ理由は、私がラブライバーだからです!

 

スクールアイドルのみんなが友情を育み、困難を乗り越えていく姿には何度見ても感動してしまいます。

 

ラブライブは私の心の支えです!

 

話を戻すと、この章では主にアニメやマンガの聖地巡礼について述べています。

 

その具体例として『ラブライブ!サンシャイン!!』が聖地である静岡県沼津市に与えた影響が紹介されています。

 

アニメやマンガの聖地が与える影響は侮れないな、と感心しました。

 

 

以上2つの内容を紹介しましたが、他にも、コミケの歴史や、海外でのコスプレイベントの話など、面白い内容がたくさんあったので、興味をもったらぜひ読んでみてください!

 

ありがとうございました!

 

今回から、Amazonのリンクも載せておきます。

 

www.amazon.co.jp